グループで悪知恵を働かせてコスプレ&罰ゲームの考案。

ピンクコンパニオンとのコスプレは、その準備段階から楽しみがはじまっています。

どうすればエロく楽しめるのか、参加メンバーと悪知恵を働かせましょう。

■エロい遊びを念頭にしたコスプレ準備。

普通のコスプレイヤーとピンクコンパニオンとコスプレを楽しむときの違いはどこにあるかというと、重装備か軽装備かです。

ピンクコンパニオンと遊ぶ際は目的が違うので重装備の必要はありません。

たとえばコンパニオンのお嬢さんが女子高生でくるなら、客側のこちらは学生帽と学ラン程度。

しかもズボンはいりません。

エロい遊びが最終目的なので、学生ズボンなど持参してしまうのはヤボなことです。

■派遣会社とすり合せしてから準備する。

ピンクコンパニオンの派遣会社にも、登録している女の子にも都合があります。

どんなコスプレなら応じてもらえるのか、コスプレ常習者なら事前に問い合わせしてすり合せしておきます。

こちらが学ランを用意しても、派遣会社に女子高生をコスプレしてくれる女の子がいない可能性もあるからです。

ですからまずは派遣会社とのすり合せ・確認を行なってからこちらの準備に入りましょう。

■コスプレの準備が整ったら、ピンクコンパニオンのツアーに参加するメンバーと下打ち合わせもしておきましょう。

ツアーに参加する全員が同じコスプレをしてもつまらないので、たとえば学生役とか先生役とか役柄を決め、できれば罰ゲームなどもオリジナルで考えておくとバッチリです。

先生と生徒(ピンクコンパニオン)なら、“なぞなぞゲームで不正解なら服を脱いでいく”など。

当日の様子を空想しながら楽しみましょう。